2018年04月10日

浜松祭りの2018年はどうなる?ラッパ隊がうるさいので迷惑!トラブルも

f1e6aeb4a323701bd7340066327a746b_s.jpg

浜松祭り2018年の日程は、ゴールデンウィークの5月3,4,5日となっています。
きれいな屋台の引き回しや、荒々しい凧揚げや練りと目を見張るものもありますが、ラッパ隊が深夜までうるさいと迷惑になっているのも事実です。
トラブルも多い浜松祭りですが、初子のお祝いなどおめでたいお祭りでもあるんです。
今回は、浜松まつりプラスの部分と迷惑でトラブルの部分両面を見ていきたいと思います。
どうぞ〜。



こんにちは、おかんです。

根っからの浜松市は、この浜松祭のために1年仕事を頑張っていると言っても過言ではないくらい浜松祭りが大好きなんです。

これほどまでに浜松祭に熱を入れる理由はいったいなぜなのでしょうか?
浜松祭の魅力についてまずは見ていきたいと思います。

浜松祭り 2018のイベントは?


d80603f72cf95f303d28e37374727e6e_s.jpg

浜松まつりの会場は、大きく分けて2つあります。

・中田島会場・・・凧揚げ会場
・市中心部会場・・・御殿屋台引き回し

10時〜15時までは凧揚げ合戦をみて、終わったら市中心部へ移動して18時半〜21時まで行われる御殿屋台の引き回しを見ると1日中楽しめますね!

浜松まつりで初子の祝いを各地で行っています。


5da59e4ef2b89451c6e153645a804756_s.jpg

浜松祭の会場は、中田島と市中心部だけではありません。浜松市全体が会場となっているので、住宅街ももちろん会場の一部となっています。

ご家庭に長男が産まれたら「初子」と呼び、ラッパ隊がお祝いに駆けつけてくれて盛大にラッパや掛け声を玄関先で吹き鳴らします。

初子は組の法被を着たり、子供の名前を書いた大きな凧を揚げたりして町内全体で「初子」が健康に成長できるようにお祝いをします。

大勢でお祝いをしてくれるという事なので、費用も相当かかります。

他県から来た人が知らずに初子のお祝いを自治会にお願いしたところ、披露宴がもう一度上げられるくらいの費用がかかったという話を聞いたこともあります。

申し込む前に、きちんと自治会の説明を受けることが、後のトラブル回避にもつながります。

浜松祭りのラッパがうるさいと迷惑する住人も!


1d9b7b3e17cd680dc14830220a264d85_s.jpg

浜松祭にはラッパが欠かせないですが、このラッパがトラブルの引き金となっているのも事実です。

住宅街を何十人ものラッパ隊が練り歩き、夜中までラッパを吹き鳴らす。
そして拡声器を使い掛け声を出している。

昼だけではなく夜中までも・・・。

浜松市役所のHPには「10時まで」と記載されていますが守っている組は皆無と言っていいでしょう。

夜中12時過ぎまでラッパを吹き鳴らすので眠ることが出来ず、赤ちゃんのためのお祭りでもあるのに赤ちゃんを安眠から騒音で妨害するという本末転倒な事態にもなってしまっています。

浜松まつりで練りが中止になった中心部・・・しかし!


p1033604-500x375.jpg

市中心部で以前行われていた「激練り」と呼ばれている合同練りですが、2015年より中止となっています。

理由としては、盛り上がりが最高潮に達したまま午後十時の練り終了時刻が徹底されず、騒音に対する周辺住民からの苦情が相次いでいたということです。

中心部で練りが出来なくなったので、練りはやらなくなった!・・・と言うわけではないんですよね。

街中でできなくなったのでどこでやるのかと言うと・・・住宅街!

中心部での騒音は解消されましたが、今度は住宅街で練りを始めたもんだからその近隣住民が今度は騒音被害に悩まされるわけです。

根本的な解決には至っていないというのが現状です。

祭本来の凧揚げや初子のお祝いという事を差し置いて、夜中まで飲んで騒いでという事にすり替わってきてしまっているのが浜松祭の現状です。

浜松市にも若い世代が他県から流入してきて、もともとの浜松祭りと違ってしまっている現状の「少数の参加している人だけが楽しい」お祭りに迷惑している住民が多いのも事実です。

浜松祭りをこれから万人に愛されるお祭りにすべく、参加している人だけが楽しいお祭りではなく、観光資源にもなるような改革をしていかなければ衰退していってしまうお祭りではないかなーと感じました。

関連記事 博多どんたく2016年は中止じゃないぞ!ディズニーやアイドルもくるぞ!

じゃあな!!



posted by マギー at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック