2018年04月11日

勉強をやる理由って?子供に聞かれて勉強をやる気にさせる方法を超伝授!

learning-164331_960_720.jpg

子供はみんな勉強が嫌いではないでしょうか?
小学校へ行くようになると、学校から出される宿題の他に、公文や習い事、チャレンジやポピーなどの通信教材を掛け持ちしているお子さんも多いと思います。
そんな詰め込み学習をしていると子供は勉強が嫌いになりやる理由を親に聞いてくることも。
そんな勉強嫌いの子供をやる気にさせる方法をご紹介していきたいと思います!



勉強をやる理由って何?


homework-1815899_960_720.jpg

こんにちは!おかんです!

うちの子は今年から小学2年生になりました!
勉強?もちろん嫌いですとも。
小1の春休みに入るまではね。

春休みに、とある方法で勉強のやる気スイッチが「ON」になったんです!
今回はその方法を皆様に伝授しましょう!

春休み、少ないながらも学校の宿題が出てそれをイヤイヤながらやっており、ぽつりと一言。
「私は将来アイス屋さんになりたいのに、なんで勉強しなくちゃ行けないの?」

子供の勉強をやる気にさせる方法!


i-am-a-student-1412778_960_720.jpg

普通だったら、「宿題はやるもんなの!」「子供は勉強するのが仕事だから!」「勉強しないといい大人になれないよ!」「勉強しないと苦労するよ!」と言いがちですよね。
それか「勉強しなくても別に良いよ、苦労するのはあんただし。」って感じでしょうか。

算数の問題をときながらぽつりとつぶやいた「アイス屋さんになりたいのに。」私はこの一言に注目し
すかさず言いました!

「アイス作るのって、牛乳を100gでしょ?それに砂糖を30g足して作るんだよ。そして冷凍庫に60分入れて固まらせたら今度は塩を10g入れて出来上がり!(←実際にアイスを作る手順ではありませんwww)アイスを作るのに、100+30+10と言う式が出来上がりました。答えはいくつでしょう?」

それを聞いた娘は「え?算数じゃん!?」と目を輝かせながら言ったのです!
私は、「アイス屋さんになりたいなら、算数の計算が素早く出来ないとなれないんだよ!」というとすぐさま取りかかりました!
やる気スイッチ、「ON」させることに見事成功www

そして、途中で問題を解く手を止め「ママは子供の頃将来何になりたかったの?」と聞いてきます。
ちなみに、その時パソコンを開いてブログの記事を執筆中。
PC立ち上げながら子供の勉強をながら見するというスタイルを通常しています。

そこで私は、「ママは子供の頃パソコンのお仕事をしたかったんだ!見て!ひらがなに漢字に英語、あと数字も一杯あるでしょ?
だから国語と算数と、英語を頑張って勉強したの。
小学校の頃沢山勉強したから大好きなお仕事を今できてるんだよ!」

そしてパソコンをのぞき込んで、「ホントだ!英語もある!へ〜・・・(何となく一人で納得中。)」
そして引き続き宿題に取りかかるのでした。

ちなみに我が子は公文や塾に通っていません。
宿題以外に自宅学習をやらせていたのですが、この勢いを継続させるためにとある作戦を実行!

今では「勉強しなさい!」という言葉を発することなく自宅学習をするようになりました。

関連記事 小学生の勉強でやる気を出す方法!ゲーム化させてレベルアップ!




小学生の自宅学習教材のおすすめはこれ!


塾や公文通わせるのって、低学年のうちは親が送り迎えさせなくてはならないので面倒くさいですよね。
そんなことから、我が家ではドリルや通信教材を使って自宅学習をさせています

おすすめのドリルですが、何を使っても良いと思います。
有名所では、チャレンジやポピーがありますよね。

私はどちらかというとポピー派なんです!
なぜかというと、教科書と同じ内容で勉強できるからなんです。
予習や復習にぴったり!
余分なものも一切ないから、先ほどの「小学生の勉強でやる気を出す方法!」のやり方でキャラクターを余白に描いて、勉強をゲーム化させることも簡単なんですよね。

そして親として一番良いのが、余分な付録がないということ。
本来やってもらいたいドリルは後回しになって付録に夢中になっちゃうということがない!
付録が毎月送られてくると家の中がごっちゃになっちゃうので、後々の断捨離も大変なんですよね。

2歳〜年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント




まとめ


「何で勉強しなきゃいけないの?」一度は子供に言われたことがあると思います。
これを逆手にとって勉強をやる理由を超具体的に提示してあげることが子供の勉強をやる気にさせる方法だと思います!
お子さんの興味ある物に置き換えて試してみて下さい!
効果抜群ですよ!




posted by マギー at 17:49| Comment(0) | お役立ち知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: