2018年04月12日

小学生は教科書の勉強法で成績アップ!勉強の仕方を超伝授!

alphabet-3303843_960_720.jpg

小学生の低学年なのに、既に勉強が嫌い、学校の授業について行けない。
そんな悩みを抱えているお母さんっているのではないでしょうか。
「うちの子既に学校の授業について行けない。」と悩んでいるお母さん。
塾や公文に行かせようか悩む前に、まずは教科書を使った勉強法を試してみて下さい!



小学生は教科書を使った勉強法で成績アップ!


こんにちは!おかんです!
小学生低学年なのに、既に学校の授業について行けないと悩んでいるお母さん・・・。
はい、それは私です。
小学校1年生なのに、テストで満点を取ったのは最初の2回だけ。
その後は徐々に点数が下がっていき最終的には・・・言えない!
あんな低い点数を記録してしまうなんて!!絶対に言えない!!!

よく、公文とかで先取り学習をさせるけれど、やっぱり通わせた方が良いのかしら?と悩みました。
しかし、現在の授業で後れを取っているのに公文で先取り学習とかやっても意味なくない?等色々自問した上結論を出しました!

そうだ、授業でやっている教科書を参考書にして教えれば良いんじゃない?

教科書での勉強の仕方ってどうやるの?


IMAG6526.jpg

まずは算数の教科書と100均で購入したノートを用意しました。
そして、今日授業でやったところを確認し、100均のノートにそのまま教科書を写します。

IMAG6527.jpg

はい、お手製のドリルが完成です!
さあ、やるがよい!解くがよい!!

IMAG6528.jpg

ノートを渡すと、今日やったばかりの部分だから記憶も確かなんですよね!
スイスイ解いていきます。

「ママ、分からない。」
と言っても、教科書に答えと解き方が書いてあるからその通りに教えてあげればいいだけ。

小学生のテストって、教科書に書いてあることしか問題に出ないんですよね!
だから、極端な話教科書を丸暗記させるくらいやっちゃえば確実に100点って取れるわけです。

でも、せっかく親がお手製のドリルを作ってもやらなければ意味がありません。
子供って勉強嫌いですもんね。

そこで勉強をゲーム化させて問題を解かせることにしています!
ゲーム化させる方法は、以下の関連記事に詳細を記載してあるので良ければご一読下さい!

関連記事 小学生の勉強でやる気を出す方法!ゲーム化させてレベルアップ!

IMAG6529.jpg

うちの子は、無料スマホアプリの青鬼が好きなので、青鬼を攻略させるというゲームをさせています。
キャラクターは私が描いたんですが、子供は「誰?これ・・・?」とテンション低くなるほど画力がない!
「メガネかけてるでしょ!ひろしだよ!!」と言い聞かせてますw




小学生の自宅学習教材のおすすめはこれ!


親が自分で教科書を写してお手製のドリルを作る。
お金はかからないけれど、時間も手間もかかりますよね。
完全な専業主婦なら良いけれど、フルタイムやパートをしている人は大変なのでやっぱり通信学習に頼った方が良いのではないかと思います。

おすすめのドリルですが、何を使っても良いと思います。
有名所では、チャレンジやポピーがありますよね。

私はどちらかというとポピー派なんです!
なぜかというと、教科書と同じ内容で勉強できるからなんです。
教科書と同じと言うことは、自分で作る手間が全くないと言うこと。
予習や復習にぴったりだし、まさにこれぞ希望していた教材!
余分なものも一切ないからキャラクターを余白に描いて、勉強をゲーム化させることも簡単なんですよね。

そして親として一番良いのが、余分な付録がないということ。
本来やってもらいたいドリルは後回しになって付録に夢中になっちゃうと言うことがない!
付録が毎月送られてくると家の中がごっちゃになっちゃうので、後々の断捨離も大変なんですよね。

2歳〜年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント




まとめ


小学校の授業について行けなくなったお子さんには、教科書をとにかく解かせる!というのが最短の方法だと思います。
これをやらせることで、うちの子は学校の授業についていくことが出来るようになりました!
今では勉強がやる気になっているようで、自宅学習にも目覚めています!
もし勉強にやる気が出ないお子さんがいるのなら、やる気スイッチを「on」にさせる方法もありますので、是非こちらもご一読下さい!

関連記事 勉強をやる理由って?子供に聞かれて勉強をやる気にさせる方法を超伝授!



posted by マギー at 17:48| Comment(0) | お役立ち知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: