2018年04月25日

4歳児の言葉の遅れは発達障害?教室に通ってみて驚愕の事実発覚!

aec-1782427_960_720.jpg

うちの子4歳児なのに言葉が遅れていると感じるお母さんもいるのではないでしょうか。

もしかしたら発達障害なのかも?と心配になってしまっても不思議ではありません。
今回は、実際に体験した4歳児の我が子が言葉の教室に通うまでをまとめたので悩んでいるお母さんは参考にしてみて下さいね!



4歳児の言葉の遅れが気になる!


こんにちは!おかんです!
うちの子供は4歳の男の子なんですが、言葉の後れが気になります!

最初に言葉の後れに気がついたのは幼稚園入学してすぐくらい。
周りのお友達の言葉がスゴイ明瞭!
普通にお母さんとお話ししているではありませんか!

でも、男の子って話すの遅いよね〜。
お姉ちゃんも言葉遅かったけど幼稚園に通うようになったらべらべらしゃべるようになったし、今では「少しぐらい静かにして!」って言うくらいなので、全然焦っていませんでした。

言葉と発達の遅れを3歳で相談!


boy-3344578_960_720.jpg

そんなこんなで1年ほど経ち、もうすぐ幼稚園の年少さんが終わる!と言うときにようやく担任の先生に相談。
なんてのんきな母なんだwww

担任の先生曰く「他のお子さんに比べて少し遅い気がしますね〜。」とのこと。
何の気なしに、「最近テレビで見たんですけど、発達障害とかも言葉の後れが関係してるって言いますよね〜。なんかそんなの調べる施設やお教室とかあります?徒歩圏内でw」とか先生に無茶ぶりwww

すると「発達障害調べる所ならありますよ!徒歩圏内で。うちの園でも通ってる子いますし紹介しますよ!」

って感じで私の何気ない発言で、ここから一気に4歳児の息子君の言葉の教育について怒濤の日々が始まることとなったのです。

3歳で言葉が意味不明www


ちなみに、3歳後半の時点でまだ宇宙語。
よくしゃべっているけれど意味不明な事ばかり言っているんです。

でも大人の話は理解している様子なので、本当に宇宙語をしゃべっているという感じでした。

言葉と発達障害を4歳の時に調べてみた!


joy-2483926_960_720.jpg

幼稚園の紹介で、年少さんの春休みに発達障害のセンターに行くことになった4歳の息子君。
まずは、発達障害か調べることになりました。

その結果、発達障害ではなくただ単に口周りの発達が遅いだけと言うことが判明しました。
専門家曰く、「発達障害の子は独特だから見ればすぐに分かる」とのことでした。

数多くの発達障害の子を見てきた専門家が言うんだから大丈夫なんでしょう!

子供の発達障害の相談のタイミングは?


ちなみに、発達障害の子は簡単に言うと「独特の育てにくさがある」と言います。
簡単に言うと次のようなことが挙げられるとのことでした。

・目を合わせない
・独り言が多い
・呼びかけても振り返らない
・じっと座っていられない
・注意されても同じ事をする
・コップの中身をこぼす
・人の話を聞かない
・大声をすぐ出す
・がまんができない

他にも数多くありますが、「うちの子育てるのが異常に大変」と感じなければ、まずは問題ないとのこと。
もし、「他の子に比べて変」「上のこと比べてかなり育てにくい!」と感じた場合は発達障害支援センターなどに相談に行った方が良いかもしれません。

子供の言葉の教室に通ってみた!


children-593313_960_720.jpg

幸いにも、息子君は発達障害ではなさそうだ。と言うことで、この発達障害センターではなく幼児の言葉の教室に行くように進められました。

この言葉の教室ではカードを使ったりゲームをしながら言葉の練習をしていくというものです。
小学校と同じような感じで教科書があり、それを先生が見ながら正確に言葉を教えていくという物でした。

1回目のレッスンが終了して、先生から衝撃の言葉を頂いたのです!

「絵本の読み聞かせ、してます?」

子供に絵本を読まないとこうなる!



はい、してませ〜ん!!

もともと私が本を読むのが苦手だし、絵本読ませたところで何なの?っていう感じだったんです。
ユーチューブに絵本音読してくれるチャンネルあるし、テレビとか見させておけばそこから耳に入るんだから問題なくね??

と思って、ほとんど、いや全く本の読み聞かせなんていう物はやっていませんでした。

しかし、親が子供に絵本の読み聞かせをするというのは言葉の勉強に凄くなる!と言うのです。
テレビやユーチューブは、聞いているようで聞いてない。
さ〜っと受け流すので子供の言葉の教育にならないというのです!

母親の声で、ゆっくりと抑揚を付けて絵本を読むことが、言葉の後れを招かないと言います。
絵本の読み聞かせをしたからすぐに言葉が上達するのではなく、漢方薬のようにじっくりじんわりと効いてくるので根気よく続けてくのが重要です!

というありがたいお言葉を頂きました!

反省。
絵本の読み聞かせ毎日するから頑張ろうね!と誓うのでした。




経験が浅いのは言葉の遅れに繋がる!


そして、カードを使ってお勉強をしていたことから、「カードと買って家出も勉強させた方が良いですか?」と質問したところ「買う必要はありません!」とキッパリ!

なぜかというと、カードよりも本物に触れる事が重要だというのです。
幼児教育は、机の上だけでするものではなく本物に触れ合って経験値を増やすことが大事!

一緒にスーパーに行った時に野菜や肉を一緒に見たり、動物園に行って実物を見て子供と話をしながら見て回る。
色んな経験が浅いと言葉の後れにも繋がると言うことを知りました!

スーパーとかに行くと、子供と一緒だと時間かかるし面倒くさいので、幼稚園に行っているときにササッと済ませてしまいがちですが、子供がいるときに一緒に行って話をしながら買い物をすることが大事だと言うことが分かりました!

まとめ


4歳の子供の言葉の後れから、発達障害も疑いましたが、ただ単に言葉が遅れているという診断でした。
しかし、この言葉の後れは子供の経験値が少ないと言うこと。
この経験値を上げるためには親がしっかりと子供と会話を含め接してあげると言うことが必要ということが分かりました!

教材を使わなくてもいいと言いましたが、やっぱり道しるべ的な物があった方が子供の言葉の発達に役立つかな?と思う場合は、幼児用の通信教育を利用するのも一つの手かもしれませんね。

2歳〜年長さんまで対応の家庭学習教材【月刊ポピー】。今なら無料見本プレゼント





関連記事 小学生は教科書の勉強法で成績アップ!勉強の仕方を超伝授!
posted by マギー at 18:56| Comment(0) | お役立ち知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: